【年末年始休業のお知らせ】

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。RMS Service Squareは、誠に勝手ながら【2018年12月28月(金)~2019年1月6日(日)】の期間を年末年始休業とさせていただきます。各製品のアカウント発行等のタイミングは提供企業によって異なりますので、お手数ですがRMS Service Squareにお問合せください。期間中は大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

トップ > コラム一覧 > 顧客対応 > その領収書発行、一枚あたり400円のコストが発生しています

スクエアマガジン/コラム/顧客対応

顧客対応 2017/07/11

その領収書発行、一枚あたり400円のコストが発生しています

 こんにちは!楽天市場公式・店舗運営サポートサービス「RMS Service Square」のコラム担当、加藤です。

 今回のテーマは「領収書発行」ですが、店舗運営と一口に言っても、本当に多岐に渡る業務に皆様携わっていらっしゃると思います。お疲れの際のストレス解消、どうされていますか?私は動物が好きなので、流行りのアニマルカフェに行くことがあります。先日は初めてハリネズミカフェに行ってきました。もちろん個体によって性格が異なるとは思いますが、私が触ったハリネズミは人懐こくておっとりしていて、心の底から癒されました。是非家で飼いたいのですが、おやつがミルワーム、つまり生きたイモムシなので、それがネックでまだ悩んでいます。でも一番の癒しは、このコラムシリーズが皆様のお役に立つことです!ぜひ応援よろしくお願いします!

 さて、今月開催のお買い物マラソンにおいてもそうなのですが、これからお中元需要などで「領収書発行依頼」が増えてくる時期かと思います。購入者からの依頼があれば都度対応する、という方が多いと思いますが、1枚あたりの発行コストについて考えてみたことはありますか?実は人件費・用紙代・印紙代を合算すると、なんと1枚あたり約400円がかかっているんです。発行コスト以外にも、宛名にミスがないかチェックしたり、発行した領収書を管理したり、数が増えるとちょっと大変ですよね。もちろん月に数件発生するかしないかという頻度の方はそれほど気にされていないかもしれませんが、もし定期的に月10件以上の領収書発行をされている方がいたら、「自動化」のご検討をおすすめします。

 領収書発行の自動化なら、「まとめて領収書 for 楽天市場」がおすすめです。その最大の特徴は、購入者自身に、領収書を自動発行してもらえるということ!店舗様側の作業は初期設定のみです。あとは専用URLをサンクスメールに掲載しておくだけで、領収書を必要とする購入者が受注番号と電話番号を入力すると、いつでも領収書を取得することができるようになります。また、発行された領収書の管理もツール上で可能です。

 店舗様にとっては、領収書の作成・印刷の手間が一切ないため業務がぐんと楽になりますし、電子的な領収書は印紙代が不要であるためコスト削減にもなります。購入者にとっては、領収書発行を待つ必要がなくなるため顧客満足度が上がります。 
 こちらは月額3,800円(税抜)のサービスですので、1枚あたり約400円というコストを考えると、月に大体10枚以上の領収書発行が定期的に発生する方は、導入する方が安くつくということなります。悩む前に、まずは無料でお試しください。初めてのご利用であれば、お申込月とその翌月末までの最大2ヶ月間が無料期間となります。もちろん、お気に召さなかった場合は無料期間中に解約していただければ、費用は一切かかりませんのでご安心ください。

 いかがだったでしょうか。繁忙期で手が回らなくなる前に、是非ご検討いただければ幸いです。店舗様の味方・店舗運営の駆け込み寺、RMS Service Squareでした!次回もよろしくお願いいたします。